> 生活習慣病・高血圧  
電話注文承ります。

お電話でも2~3分で簡単に注文できます♪

注文専用電話番号

受付時間 (土日祝除く)
10:00~19:00
(UTC+9)

※土日祝祭日は電話受付を行っておりません。

電話注文に関する注意事項を必ずご確認の上ご利用ください。

※ご注文専用の電話番号となっております。その他お問い合わせ等に関してましては、こちらよりお願い致します。

FAX注文書ダウンロード

商品カテゴリで探す

目的別で探す

商品検索

生活習慣病・高血圧

    21件の商品がございます。
  • ヴァルザール40mg(ディオバンジェネリック) 100錠

    ヴァルザール40mg(ディオバンジェネリック) 100錠

    ヴァルザール40mgは、高血圧症のお薬ディオバンのジェネリック医薬品です。昇圧作用を示すアンジオテンシンIIの血管収縮作用を遮断し、高血圧症の血圧を下げる、高血圧症の治療に用いられるお薬です。

    ¥ 4,400 円

  • クレサー20mg(ミカルディスジェネリック) 30錠

    クレサー20mg(ミカルディスジェネリック) 30錠

    クレサー20mgは血圧を下げるお薬で、血圧を上げる体内物質を抑える作用があることから、高血圧の治療に使用されています。

    ¥ 1,680 円

  • グルコバイ50mg 120錠

    グルコバイ50mg 120錠

    グルコバイ50mgとは、アカルボースという成分を含んだ糖質吸収抑制機能を持った糖尿病の人のための薬です。小腸粘膜の微細網膜にあるグルコアミラーゼといった酵素の働きを抑制することで、膵液や唾液に含まれるαアミラーゼを阻害するという仕組みです。

    ¥ 10,000 円

  • グルコバイ50mg 10錠

    グルコバイ50mg 10錠

    グルコバイ50mgとは、アカルボースという成分を含んだ糖質吸収抑制機能を持った糖尿病の人のための薬です。小腸粘膜の微細網膜にあるグルコアミラーゼといった酵素の働きを抑制することで、膵液や唾液に含まれるαアミラーゼを阻害するという仕組みです。

    ¥ 920 円

  • インデラル40mg 30錠

    インデラル40mg 30錠

    インデラル40mg 30錠は、主成分のプロプラノロールが心臓を休ませたり心拍数を安定させる効果があり、あがり症の改善や高血圧症・不整脈にも有効です。インデラル40mg 30錠の通販・個人輸入はくすりの宅配便で!【正規品・配送100%保証】

    通常¥3,800 ¥ 2,300 円

  • アマリール4mg 30錠

    アマリール4mg 30錠

    Sanofi(サノフィ)社のアマリール4mgは、糖尿病治療薬です。有効成分にグリメピリドを含有しています。アマリール4mgは、血糖値を下げる薬です。

    ¥ 3,480 円

  • ディオバン160mg 28錠

    ディオバン160mg 28錠

    ディオバン160mgは、血管の収縮を緩め、速やかな血行を促進。血圧を下げてくれます。継続性が大切なお薬で、やめる際は医師、薬剤師への相談が必要です。比較的長いスパンで効果を得るお薬です。

    ¥ 3,950 円

  • ディオバン320mg 28錠

    ディオバン320mg 28錠

    ディオバン320mgは、血管の収縮を緩め、速やかな血行を促進。血圧を下げてくれます。継続性が大切なお薬で、やめる際は医師、薬剤師への相談が必要です。比較的長いスパンで効果を得るお薬です。

    ¥ 11,800 円

  • アクトス45mg 28錠

    アクトス45mg 28錠

    アクトス45mgは、ピオグリタゾン塩酸塩を主成分とするお薬で、インスリンの受容体のインスリン結合部以降に作用して、インスリン抵抗性を軽減、肝における糖の産生を抑制して、末梢神経組織における糖利用を高め、結果として血糖を低下させるお薬です。

    ¥ 15,900 円

  • アクトス30mg 28錠

    アクトス30mg 28錠

    アクトス30mgは、ピオグリタゾン塩酸塩を主成分とするお薬で、インスリンの受容体のインスリン結合部以降に作用して、インスリン抵抗性を軽減、肝における糖の産生を抑制して、末梢神経組織における糖利用を高め、結果として血糖を低下させるお薬です。

    ¥ 15,300 円

  • アクトス15mg 28錠

    アクトス15mg 28錠

    アクトス15mgは、ピオグリタゾン塩酸塩を主成分とするお薬で、インスリンの受容体のインスリン結合部以降に作用して、インスリン抵抗性を軽減、肝における糖の産生を抑制して、末梢神経組織における糖利用を高め、結果として血糖を低下させるお薬です。

    ¥ 12,300 円

  • アキュレティック20+12.5mg 30錠

    アキュレティック20+12.5mg 30錠

    アキュレティック20+12.5mgは、高血圧の方や慢性心不全の方にオススメのお薬です。

    ¥ 2,800 円

  • アキュレティック10+12.5mg 30錠

    アキュレティック10+12.5mg 30錠

    アキュレティック10+12.5mgは、高血圧の方や慢性心不全の方にオススメのお薬です。

    ¥ 2,800 円

  • リピトール80mg 30錠

    リピトール80mg 30錠

    リピトール80mgは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

    ¥ 8,900 円

  • リピトール40mg 30錠

    リピトール40mg 30錠

    リピトール40mgは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

    ¥ 8,500 円

  • リピトール20mg 30錠

    リピトール20mg 30錠

    リピトール20mgは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

    ¥ 5,900 円

  • リピトール10mg 30錠

    リピトール10mg 30錠

    リピトール10mgは、血中のコレステロール値を低下・安定させることで、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を改善します。

    ¥ 4,780 円

  • クレサー40mg(ミカルディスジェネリック) 30錠

    クレサー40mg(ミカルディスジェネリック) 30錠

    クレサー40mgは血圧を下げるお薬で、血圧を上げる体内物質を抑える作用があることから、高血圧の治療に使用されています。

    ¥ 1,980 円

  • メトホルミン850mg(塩酸メトホルミン) 56錠

    メトホルミン850mg(塩酸メトホルミン) 56錠

    メトホルミン850mgは、日本でも処方されている糖尿病治療薬です。

    通常¥3,444 ¥ 3,280 円

  • ヴァルザール80mg(ディオバンジェネリック) 100錠

    ヴァルザール80mg(ディオバンジェネリック) 100錠

    只今品切れ中です

    ヴァルザール80mgは、高血圧症のお薬ディオバンのジェネリック医薬品です。昇圧作用を示すアンジオテンシンIIの血管収縮作用を遮断し、高血圧症の血圧を下げる、高血圧症の治療に用いられるお薬です。

    ¥ 8,800 円

  • インデラル40mg 100錠

    インデラル40mg 100錠

    只今品切れ中です

    インデラル40mg 90錠は、主成分のプロプラノロールが心臓を休ませたり心拍数を安定させる効果があり、あがり症の改善や高血圧症・不整脈にも有効です。インデラル40mg 90錠の通販・個人輸入はくすりの宅配便で!【正規品・配送100%保証】

    通常¥6,200 ¥ 3,200 円

目次

高血圧とは


高血圧とは、正常血圧の人に比べて血圧が高くなっている状態を指します。

特に日本人は高血圧患者の割合が高く、3人に1人は高血圧だと言われている状態です。

高血圧は心疾患や脳血管障害の最大の原因とされており、適正にコントロールすることが健康寿命を長くするためには重要となります。

血圧を測定する際には、心臓が収縮した時の血圧である収縮期血圧と心臓が拡張した時の血圧である拡張期血圧をそれぞれ用い、双方に基準値が設定されています。

その基準は時代とともに設定が変更されており、1980年代には収縮期/拡張期が180/110mmHg以上で高血圧であるとされていました。

ただし、その基準には明確なエビデンスがなく、その後の改定によって基準は徐々に引き下げられ、2014年の高血圧治療ガイドライン改訂では、合併症の有無や年齢などによっても基準値が調整されるようになりました。

現在の基準では、合併症がない状態であって病院で測定した場合、140/90mmHg以上が高血圧であり、自宅で測定した場合(家庭血圧)では135/85mmHg以上が高血圧となります。

糖尿病患者や腎疾患がある患者においては家庭血圧が125/75mmHg、後期高齢者では家庭血圧が145/85mmHgと、それぞれの状態に応じて基準値は設定されています。

高血圧の注意点


高血圧になってしまう原因は、実ははっきりとはわかっていません。

別の病気の悪影響や医薬品の副作用によって高血圧になってしまうものを除けば、ほとんどすべての高血圧は原因がわからないものなのです。

原因が明らかな高血圧を二次性高血圧、原因がわからない高血圧を本態性高血圧(一次性高血圧)と呼んで区別していますが、注意しなければいけないことはそれぞれに全く異なります。

二次性高血圧の場合、病気や医薬品の影響で高血圧になっているわけですので、通常の降圧治療では効果が薄い場合がほとんどです。

生活習慣などに気を付けたとしても効果は薄く、治療するためには原因となっている医薬品を中止したり、病気をうまくコントロールすることが必要になります。

ただし、原因を取り除けばすぐに改善することも可能なのが特徴です。原因のはっきりしない本態性高血圧の場合、通常の降圧治療が効果的です。

日常生活においても、血圧を上げやすい要因を排除していくことによって改善することが期待でき、たとえば血圧を上昇させる要因としては、塩分過多、肥満、飲酒、喫煙、運動不足、ストレス、遺伝、加齢などが主なものとして知られています。

それらの要因を一つずつクリアしていくことで、徐々に血圧を低下させることも可能です。

ただし、高血圧患者が急に強度の強い運動を行ってしまうと、脳虚血や脳出血などの合併症を起こしてしまう危険性があるため、医師と相談して高血圧対策を実施することが重要となります。

高血圧(利尿薬)


高血圧の治療薬は、たくさんの種類が使用されています。

現在治療の中心となる分類だけでも、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、ARB、利尿薬、β遮断薬の5種類が存在し、それらを患者の状態に合わせて組み合わせ、適正血圧を目指して治療を行います。

状態に応じて選択する治療薬が変更され、合併症がない高血圧であればカルシウム拮抗薬を第一選択としますが、糖尿病などを合併している場合にはARBやACE阻害薬を第一選択するというように、患者によって治療は異なります。

利尿薬は単独で用いた場合には降圧効果が弱く、高血圧の改善が難しいものですが、他剤と組み合わせて用いることで降圧効果を劇的に改善することが可能となります。

そのほか、心不全を患っている場合には、血流量を減らして心臓の負担を減らす必要があるため、利尿剤が第一選択となる場合もあります。

一言で利尿剤といっても、サイアザイド系、ループ系、K保持性、バソプレシン受容体阻害性と、4種類存在します。

利尿薬は、基本的に腎臓付近にある水分の排泄・吸収に関わるナトリウムやカリウムといった電解質ポンプに作用して効果を発揮しています。

ザックリと説明すると、ナトリウムが多くなれば水分は貯める方向に傾き、カリウムが多くなれば水分を排泄する方向に傾くのです。

サイアザイド系は利尿効果が穏やかであるため、他の降圧剤と併用して治療に用いることが多く、ループ系は腎臓を保護しながら利尿効果を発揮するため、腎機能が低下している患者に対して多く用いられます。

K保持性はカリウム(K)を保持しながら利尿効果・降圧効果を示し、アルドステロン受容体に作用して効果を発揮している利尿剤です。

アルドステロンは心臓・腎臓にも関係のあるホルモンであるため、心不全の患者に良く用いられます。

また、降圧効果にも優れるため、高血圧症にも多く用いられます。

最後にバソプレシン受容体阻害薬ですが、これはカリウムやナトリウムなどの電解質に影響せず、水分だけを排泄させる効果を持っています。

強力な水排泄効果があるため、肝硬変や心不全による体液貯留が起きている場面でも使用されますが、副作用の発現リスクもあるために使用には注意を要する医薬品です。

◎サイアザイド系利尿薬


・フルイトラン

◎ループ系利尿薬


・ラシックス

・ルプラック

・ダイアート

◎K保持性利尿薬


・アルダクトンA

・セララ

◎バソプレシン受容体阻害薬


・サムスカ

高血圧は遺伝する


日本人の高血圧患者の9割を占める本態性高血圧ですが、その原因ははっきりとは判明していません。

もともとの体質として高血圧になりやすいという人がいるのも事実であり、その体質は親から子へ遺伝する場合があるということが判明しています。

両親が高血圧であった場合、その子供が高血圧になる確率は約50%となることが報告されており、同様に片親が高血圧であった場合には子供の高血圧の確率は約30%、両親ともに正常血圧であった場合、子供の高血圧の確率は10%以下となっています。

高血圧になりやすい体質とは、ある特定の遺伝子を有しているということを指し、その遺伝子とは血圧上昇ホルモンであるアンギオテンシンの産生促進をする能力を持っています。

普通に生活していたとしても、血圧上昇ホルモンの影響で健常人よりも高血圧になりやすくなってしまうのです。ただし、高血圧になるかどうかは、すべてが遺伝で決まるわけではありません。

たとえば両親共に高血圧だとしても、生活習慣を適正に管理して、バランスの良い食生活と適度な運動を生活に取り入れている人では、高血圧になる確率は格段に低くなります。

日常から血圧を測定し、自己管理を実施することが、高血圧対策では最も重要なのです。

高血圧と塩分の因果関係


高血圧について考える時、かならず言及されるのが塩分との関係についてです。

塩分を多く摂取している地域では、そうではない地域に比べて高血圧となっている住民が多いことから研究された問題ですが、これには科学的な解明がされています。

長時間お風呂につかった時、手がしわしわになったことはありませんか?あの現象は、人体という濃い濃度の袋に、外部から薄い濃度のふろ水が浸透したことによって発生しています。

これを身体の内部に当てはめて考えてみましょう。

塩分を多く摂取することは、血液の濃度が濃くなってしまうことにつながり、濃くなった血液には細胞から水分が集められてしまいます。

水分量が増えたと言うことは血液の量が増えたことになり、血液の量が増えたと言うことは血液の圧力、つまり血圧が高くなることを意味するのです。

ちなみに、ここで言われている塩分とは、塩化ナトリウムのことを指しています。

ナトリウムは体内に水分をため込むように働くミネラルであるため、塩分が過多になることで高血圧を誘発してしまうのです。

逆に、カリウムなどのミネラルはナトリウムを排泄させる効果があり、高血圧の予防効果が期待できるものとなっています。

通常販売されている食卓塩は塩化ナトリウムを単独で精製したものですが、岩塩などの自然食品では塩化ナトリウムの他にもミネラルが多く含まれるため、高血圧になってしまう危険性は低くできるのです。

高血圧と合併症


高血圧には様々な合併症が報告されており、心臓、腎臓、目や脳などに血管を通して発生しています。

高血圧によって血管に負担がかかることで、さまざまな合併症が引き起こされているのです。

心臓は体に血液を送り出す臓器ですが、血圧が高い場合には、心臓も血液を押し出すために強い力を必要とします。

これに対応しようと、心臓の筋肉が分厚く発達してしまうことがあり、この状態を心肥大といいます。

心肥大が進行していくと、ポンプ機能が低下することで心不全や不整脈などの心疾患の原因となってしまいます。

血管自体にも多大な負担が掛かっているため、動脈硬化が進行することとなり、硬くなった血管は軽い刺激でも破れてしまう危険性があります。

これを放置した場合には、動脈瘤や脳出血、脳梗塞の引き金となってしまい、その他にも血管自体が狭くなって血流が滞ることで、特に狭く細い毛細血管などは目詰まりをおこしてしまうことがあります。

毛細血管へのダメージが起きやすい部分は、目と腎臓です。

人間の目は繊細な神経が集中している組織ですが、そこには細かな血管が数多く走っています。

この血管が目詰まりすることで血流が滞り、さらに破れやすい血管が新生されることで眼底出血を引き起こすこともあります。

出血の影響で網膜がはがれてしまえば、失明してしまう危険性もあるのです。

腎臓も同様に細かな血管が張り巡らされた臓器であり、その血管では人体の中の有害な物質をろ過する役割を担っています。

そこが目詰まりしてしまえば、ろ過機能が十分に働くことができず、尿たんぱくや腎炎などの腎疾患を合併してしまうことになるのです。



配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。

※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

  • 会員登録はこちらから
  • ご利用ガイドはこちら
  • ポイントについて
  • ご注文の流れ
品質・配送100%保証
模倣サイトに注意!

お知らせ

  • 2017年10月06日
    【売上ランキング 2017年9月】

    当サイトくすりの宅配便で、2017年9月 売上ランキングを、トップページにてお知らせいたします。

    人気商品を参考にして頂き、ご検討の程、宜しくお願いいたします。
  • 2017年09月26日
    【お知らせ】
    (SSL)通信データの暗号化にともない、(http://~)から(https://~)に変更になりました。

    お客様には、大変お手数をお掛けしますが、当サイトをブックマーク設定している方は、URLの再設定を宜しくお願いいたします。

    今後ともくすりの宅配便を宜しくお願いいたします。
  • 2017年09月20日
    【売上ランキング 2017年8月】

    当サイトくすりの宅配便で、2017年8月 売上ランキングを、トップページにてお知らせいたします。

    人気商品を参考にして頂き、ご検討の程、宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月21日
    【イベント情報】
    ED・早漏防止系のジェネリック医薬品お徳用セット、輸入代行注文を開始開始いたしました。

    期間限定注文受付になりますが、一度ご確認してみてはいかがでしょうか?
  • 2017年07月19日
    【ログインパスワードをお忘れの方へ】
    以前は、メールアドレスとパスワードのみのログインでございましたが、
    ご登録された電話番号と、パスワードでもログインができるようになりました。

    ※メールアドレスを複数ご登録されている方は、登録電話番号でログインした場合、最後に登録された会員ID(登録アドレス)が選択されます。
  • 2017年04月29日
    【GW】ゴールデンウィーク中も通常受付可能です。
    銀行振込、カード決済は各銀行並びに代行会社の営業日時に準じて確認後に反映となります。
    インフォメーションの対応や配送は、混雑による遅延も考えられますので、予めご了承くださいませ。
  • 2017年02月04日
    VISAクレジットカード休止に伴いご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
    当サイトでは銀行振込の他、各種コンビニでご購入いただけるBitCash(ビットキャッシュ) でのご購入が可能となっております。
    また、クレジットカードでは引き続きAMEX、JCBカードでのご決済は行えます。
    復旧次第お知らせ致しますので、今しばらくご不便をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げますm(__)m