>
ダイエット
電話注文承ります。

お電話でも2~3分で簡単に注文できます♪

注文専用電話番号

受付時間 (土日祝除く)
10:00~19:00
(UTC+9)

※土日祝祭日は電話受付を行っておりません。

電話注文に関する注意事項を必ずご確認の上ご利用ください。

※ご注文専用の電話番号となっております。その他お問い合わせ等に関してましては、こちらよりお願い致します。

FAX注文書ダウンロード

商品カテゴリで探す

目的別で探す

商品検索

ダイエット

目次

ダイエットについて


「ダイエット」という言葉の本来の意味をご存知ですか?
本当は「規定食」という意味で痩せるといった意味ではないのです。
美容や健康を維持するために、食事の量や種類を制限することを意味することばですが、食事の量や種類を制限し、健康的に痩せるといった意味合いから「ダイエット=痩せること」というイメージが定着したのでしょう。
一般的には運動して痩せるのもダイエットなのですが、食事に何らかの制限を加えて痩せようとする方が多いでしょう。
食事を制限するダイエットがありますが、なかなかうまくいかないものです。

そんな時、効果的で簡単に痩せることができる魅力的な「ダイエット薬」に注目が集まるのも無理はないですよね。
では、ダイエット薬について少しばかり見ていきましょう。


ダイエット薬について


一般的に太る原因と言えば高カロリーな食べ物を食べたり、カロリーはやや低めだとしてもたくさん食べることで摂取カロリーが相当高くなり、結果としてお腹などに脂肪として蓄えてしまうからです。
摂取カロリーに見合った運動をしていれば余分な脂肪が身に付くようなことはありませんが、なかなか運動なんてできないものです。
そこでダイエット薬を服用することで脂肪の吸収を抑え、お腹などに脂肪が付きにくくする効果を得たり、食欲自体を抑えて摂取カロリーを減らそうとする効果を得るのです。

いわゆるサプリメントとは違い、肥満治療薬として病院の肥満外来などで処方されるものをダイエット薬と呼び、「脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)」と「食欲抑制剤」に大別されます。


ダイエット薬の作用について


脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)は、食事で摂取する脂肪分を大幅にカットすることによって痩せることを目的としたお薬です。
食事中に服用する事で摂取した脂肪分の30~40%を便と一緒に出してしまい、体に余分な脂肪分が付くことを防ぐ作用があります。

食欲抑制剤は食欲に関わる神経に直接働きかけることで、食欲を抑える働きを行います。
食欲自体を抑えるために摂取カロリーが減り、結果として体に蓄えられた脂肪を消費することによって痩せられます。

それに加え、適度な運動を並行して行うことで、より効果的に体脂肪を減らすことができます。


ダイエット薬の種類について


先ほども記したとおりダイエット薬には大別して「食欲抑制剤」と「脂肪吸収抑制剤」があります。

食欲抑制剤は食欲を司る中枢神経に直接働きかけるためにその効果は抜群です。
また脂肪を燃焼するよう働きかけるなど新陳代謝の向上も期待できます。
日本国内でも処方が可能ですが、肥満度が70%以上もしくはBMIが35以上の高度肥満症向けで、服用期間も3カ月までといった制限があります。

脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)は食事に含まれる脂肪の吸収をカットします。
カットされた脂肪分は便と一緒に排出されます。
身体に付いた脂肪を排出する働きは無く、あくまで食事の脂肪分をカットするお薬です。
また脂肪分の少ない食事に対しては効果がないのが欠点と言えるかもしれません。


ダイエット薬の有効成分


食欲抑制剤のリデュース、リダクティル、メリディアなどの有効成分はシブトラミンです。
シブトラミン含有のジェネリック医薬品としてはレプトス、オベスタット、シブスタット、シブトレックス、リダクティルなどがあります。

同じく食欲抑制剤のサノレックスは日本のクリニックなどでも処方されますが、こちらの有効成分はマジンドールで食欲抑制剤として日本で唯一承認されているお薬でもあります。

ともに食欲中枢に直接働きかけることで、食欲を抑制する効果を有しています。
国内で処方される場合には、肥満度が70%以上もしくはBMIが35以上の高度肥満症向けで、服用期間も3カ月までといった制限があります。

脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)のゼニカルの有効成分はオルリスタットです。
オルリスタットを服用すると腸内のリパーゼと言う酵素に作用することで、腸管からの脂肪分の吸収を阻害します。
そして吸収されなかった脂肪分は便として排泄されてしまうのです。
このオルリスタット含有のジェネリック医薬品は数多く発売されており、オルリファスト、オルリガルビーファットオベリットフォビカルなどがあります。


食欲抑制剤の効果及び服用について


食欲抑制剤であるリデュースやサノレックスを服用すると、脳内の神経細胞によるセロトニンおよびノルアドレナリンの取り込みを阻害します。
つまりは食欲に関係する部分に直接、働きかけることにより、食欲自体を減衰させる働きがあるわけです。
かなり簡単な言い方になりますが、今までのようにもっと食べたいと考えてしまうことを、この食欲抑制剤の力で押さえつけてしまうのです。
そして体に付いた皮下脂肪を使うよう促進したり代謝するような働きも併せ持っているのです。

使用方法はお食事の前に飲むだけです。
これで、もうこれ以上は食べたくないと思ってしまうのですから、本当に簡単ですね。


肥満治療薬の効果及び服用について


肥満症治療薬というと先にも挙げた食欲抑制剤と脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)の2つに大別されます。
ここでは厚労省から製造販売の承認を受けながら、いまだに未発売となっているオブリーン(セチリスタット)について書き進めていきます。

この薬も脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)に分類されます。
膵臓から分泌される酵素を阻害することで、腸内で中性脂肪が分解されることを防ぎ吸収されないようにするお薬です。
他の脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)より体重減少効果が高いとの報告もあるようです。

食事の際に一緒に服用するだけでOKです。
国内では未発売ですので、入手には個人輸入代行業者を介する方法があります。


脂肪阻害薬の効果及び服用について


脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)は食欲抑制剤と違って、食欲をコントロールするお薬ではなく、いつも通りに食べたいと言う気持ちは持ち続けます。
そしていつも通りに食事をします。
でも、この薬は肥満の大敵である脂肪分の吸収を阻害するのです。
いつもと同じように食事を摂っても、いつもほど脂肪分は吸収せずに便と一緒に出してしまうのです。
食べる時にカロリーを気にして摂取制限するのではないので、食べる時の楽しみはそのままで、なのに今までのように脂肪は付きにくい、それが脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)の効果です。

脂肪分が多い食事である焼き肉や揚げ物であったり、ラーメンやカレーなどを食べる前に、水やぬるま湯で服用すれば良いだけです。

ダイエットサプリの効果及び服用について


食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)といった科学物質を含まないダイエットサプリは、薬にはない安全性に優れていることから人気があり、数多くの商品が販売されています。


脂肪の分解と燃焼促進に効果があるものや、発汗作用があってエネルギーの代謝を促進するもの、炭水化物の吸収を阻害するもの。
また食欲抑制剤と同じ効果を持つけども化学物質は使っておらず、天然由来成分だけでできたダイエットサプリも発売されています。
ビタミンや必須アミノ酸といった、普段の食事のバランスが悪くて偏っている人のための栄養補助食品もダイエットサプリの範疇に入ってくるでしょう。

どのダイエットサプリも食事の前又は後に服用するだけでよい手軽なものが大半です。

薬とは違って副作用の心配がいらない点も見逃せないポイントですね。


ダイエット薬の副作用


まず脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)の副作用から見ていきます。

この薬は脂肪分の吸収を抑える効果があるのですが、水に溶けにくく油には溶けやすいビタミン(脂溶性ビタミン)の吸収も同時に抑えることになります。
具体的に言うと、ビタミンA、D、E、K、βカロテンです。
このために脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)とは別にビタミンA、D、E、K、βカロテンを服用する必要があります。

「バラムツ」という魚を知っていますでしょうか。
この魚に含まれる油は人間の体内へは吸収されないため、肛門から油が漏れ出ると言った症状や、便意をうまくコントロールできずに漏らしてしまうといったことがあります。
脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)を服用していると同じような症状に見舞われる場合があるので、注意が必要です。

食欲抑制剤では口の渇き、吐き気、便秘、不眠、頭痛、動悸といった副作用がよく見られます。
重篤な副作用と言ってもよいものに「依存」が挙げられます。
この薬を長期にわたって服用していると、体が慣れてしまい、やめられなくなると言われています。
急に服用を中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚といった症状が見られる場合があります。
このために国内では3か月以内に服用を止めるといった基準が設けられています。


ダイエット薬の併用禁忌薬


脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)の併用禁忌薬としては、免疫抑制剤であるシクロスポリン(サンディミュン、ネオーラルなど)が指定されています。
経口抗凝血剤であるワーファリン(ワリファリン)、ヘパリン(ヒルドイド、ビーソフテンなど)も指定されています。
これらの薬剤を使用している方は、脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)を使用しないでください。


禁忌薬ではありませんが、経口避妊薬(ピル)、レボチロキシン(チラーヂンなど)、アカルボース、アミオダロン、抗てんかん薬との併用には注意が必要となっています。
ピルの場合は、ピルの成分の吸収が落ちて避妊の効果が薄まる可能性がありますから、脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)の服用はピルを服用してから2時間以上空けるほうが良いでしょう。

食欲抑制剤の併用禁忌薬ですが、日本ではパーキンソン病薬として使われるMAO阻害薬(エフピー錠)が指定されています。

禁忌薬ではありませんが、昇圧剤(エピネフリン、ドプスなど)、一部の降圧剤(アルドメットなど)、糖尿病の薬、インスリン、甲状腺ホルモン(チラーヂン)などとの併用には注意が必要です。
食欲抑制剤を使用する際にはお酒も控える方が良いでしょう。
めまいや眠気のほか精神的な副作用が起こる危険性があります。


ダイエット薬の保管方法


高温多湿な場所や直射日光が当たる場所は避け、すずしい場所で保管してください。


ダイエット薬の注意点について


脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)に関する注意点としては、決められた用量以上に服用しないことです。
たくさん服用したからと言って、阻害されて体外へ出される脂肪分の量は変わらないそうです。
また脂溶性ビタミンも吸収されずに体外へ出されてしまいますので、朝はビタミン類を摂取して夜に脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)を摂取するなどの工夫が必要です。

食欲抑制剤の注意点としては、眼圧を上げる恐れがあり緑内障の人は使用できません。
心臓病、膵臓病、腎臓病、肝臓病、高血圧症、脳血管に病状がある人は使用できない場合があります。
糖尿病やてんかんの人も使用には慎重さが必要となります。
緊張感、注意力、慎重さの低下により気分が緩んでしまうことがあるので、車の運転などには注意が必要です。

そして薬だけに頼るのではなく、食事療法や運動量を併せて行うことが基本です。


ダイエット薬の安全性について


脂肪吸収抑制剤(脂肪阻害薬)や食欲抑制剤は医療として確実なダイエットに繋がる海外ジェネリック薬です。
サプリメントとは違い臨床試験によって安全性やその効果が実証されており、各国の承認のもとに製造されています。
用法や用量、そして注意事項を守って使用すれば安全にお使いいただける薬なのです。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。

※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

  • 会員登録はこちらから
  • ご利用ガイドはこちら
  • ポイントについて
  • ご注文の流れ
品質・配送100%保証
模倣サイトに注意!

お知らせ

  • 2017年10月06日
    【売上ランキング 2017年9月】

    当サイトくすりの宅配便で、2017年9月 売上ランキングを、トップページにてお知らせいたします。

    人気商品を参考にして頂き、ご検討の程、宜しくお願いいたします。
  • 2017年09月26日
    【お知らせ】
    (SSL)通信データの暗号化にともない、(http://~)から(https://~)に変更になりました。

    お客様には、大変お手数をお掛けしますが、当サイトをブックマーク設定している方は、URLの再設定を宜しくお願いいたします。

    今後ともくすりの宅配便を宜しくお願いいたします。
  • 2017年09月20日
    【売上ランキング 2017年8月】

    当サイトくすりの宅配便で、2017年8月 売上ランキングを、トップページにてお知らせいたします。

    人気商品を参考にして頂き、ご検討の程、宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月21日
    【イベント情報】
    ED・早漏防止系のジェネリック医薬品お徳用セット、輸入代行注文を開始開始いたしました。

    期間限定注文受付になりますが、一度ご確認してみてはいかがでしょうか?
  • 2017年07月19日
    【ログインパスワードをお忘れの方へ】
    以前は、メールアドレスとパスワードのみのログインでございましたが、
    ご登録された電話番号と、パスワードでもログインができるようになりました。

    ※メールアドレスを複数ご登録されている方は、登録電話番号でログインした場合、最後に登録された会員ID(登録アドレス)が選択されます。
  • 2017年04月29日
    【GW】ゴールデンウィーク中も通常受付可能です。
    銀行振込、カード決済は各銀行並びに代行会社の営業日時に準じて確認後に反映となります。
    インフォメーションの対応や配送は、混雑による遅延も考えられますので、予めご了承くださいませ。
  • 2017年02月04日
    VISAクレジットカード休止に伴いご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
    当サイトでは銀行振込の他、各種コンビニでご購入いただけるBitCash(ビットキャッシュ) でのご購入が可能となっております。
    また、クレジットカードでは引き続きAMEX、JCBカードでのご決済は行えます。
    復旧次第お知らせ致しますので、今しばらくご不便をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げますm(__)m