電話注文承ります。

お電話でも2~3分で簡単に注文できます♪

注文専用電話番号

受付時間 (土日祝除く)
10:00~19:00
(UTC+9)

※土日祝祭日は電話受付を行っておりません。

電話注文に関する注意事項を必ずご確認の上ご利用ください。

※ご注文専用の電話番号となっております。その他お問い合わせ等に関してましては、こちらよりお願い致します。

FAX注文書ダウンロード

商品カテゴリで探す

目的別で探す

商品検索

美容

目次

美容スキンケアについて


スキンケアの基本は、ズバリ、「洗顔」でしょう。
洗顔方法を調べてみると、本当にたくさんの方法が出てきます。

1日に何回洗顔するのかに始まり、洗顔料は何が良いのか。
手で洗う方がよいのか、道具を使って洗う方がよいのか、そして、その際の力の入れ具合はどの程度がよいのか。
洗顔料の適量はどのくらいで、どの程度泡立てるのか。
すすぎ方やその回数は。
顔に付いた水分はどのようにふき取るのか。
そして、洗面所で洗うのか、それともお風呂場などで洗うのか。

顔を洗うという最も基本的なスキンケアにおいても、これほどの選択肢がわんさかと出てくるのです。
つまり美容・スキンケアに正解はなく、個々に合った方法が正解だと言うことです。
こう書いてしまうと身も蓋もありませんが、様々な選択肢の中から最も自分にあった方法を見つけて組み合わせ、あなたのベストなスキンケアを見つけましょう。


シミの原因(メカニズム)について


女性にとって大敵のシミ。
シミはメラニンが過剰に作られることで発生します。
そしてメラニンはメラノサイトによって作られますが、このメラノサイトに対してメラニンを作れと指示するのがメラノサイト刺激物質であり、このメラニサイト刺激物質を活性化させるものには次のようなものがあります。

UVB


波長の短い紫外線です。
皮膚細胞を直接傷つけるために、メラニサイトを活性化させメラニンを作り出します。
ふつうはUVB(紫外線B波:表皮に届く紫外線)を浴びなくなれば自然と元の肌色に戻るのですが、皮膚細胞に異変が起こることでメラニサイトが活性化されたままとなり、シミとなってしまうのです。

活性酸素


活性酸素がお肌で発生することで防御のため、メラノサイトを活性化させるホルモンが分泌されてメラニンが作られます。
活性酸素が発生する原因としては、UVA(紫外線A波:肌の奥まで届く紫外線)、ストレス、たばこ、お酒、電磁波、排気ガスなど有害物質を含む大気、食品添加物、便秘、激しい運動、睡眠不足などが挙げられます。

炎症


皮膚に炎症が起こることで、そのダメージを修復するために新しい細胞を作ろうとします。
その際にメラノサイトが一緒に活性化してしまい、メラニンがたくさん作られることで色素の沈着を起こしてしまうことで、シミになってしまうと考えられています。
その代表格としてはニキビが挙げられます。
その他にも、日焼け、摩擦、刺激の強い化粧品、虫刺され、やけど、キズ、湿疹やかぶれ、女性ホルモンの乱れなど。


シミの種類について


シミができる原因によってシミの種類も分類されます。
またシミの種類によって治療方法も変わってきますので注意が必要です。

老人性色素斑


紫外線が原因となってできる、最も多いシミです。
頬骨やこめかみなどにできる丸い形をしたシミです。

肝斑


左右対称にできる濃淡が均一のシミで、30~40代の女性に多く見られます。
妊娠中やピル使用時にもよく見られます。
閉経とともに消失します。

ソバカス(雀斑)


遺伝が原因と言われていて、小学生の頃から出現します。
成長とともに増えたり、紫外線の影響で増えることもあります。

遅発性両側性太田母斑


額や目のまわり、頬などに生まれつきある茶色または青色のあざです。
目の下にできた場合クマにも見えてしまいます。

脂漏性角化症


シミの角化が進んでイボ状に隆起したものです。
顔だけでなく手の甲に出ることも。

これらの他にも炎症性色素沈着、摩擦黒皮症、花弁状色素斑などがあります。


シミの予防・対策について


シミの予防と対策としてまず考えられるのは日焼け対策でしょうね。
紫外線が多いお昼前後の外出は控えるなどの対策も必要ですし、日焼け止めを塗るなども必要となってきます。

そして保湿です。
保湿を行うことで肌の新陳代謝の正常化とともに、メラニンの過剰な生産を抑えられるのです。
化粧水や乳液をうまく使いましょう。
また紫外線をたくさん浴びそうな前日にパックをして、いつも以上に保湿することを忘れないように。

睡眠も大事です。
寝不足とならないようにするのはもちろんのこと、お肌の新陳代謝がもっとも活発になる22時から2時の時間帯は、ぜひ横になってください。
痛んだお肌の修復が期待できますよ。

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールやコラーゲン、コエンザイムQ10などを積極的に摂取することで、シミの予防にもつながっていきます。


美肌・美白について


「美白」って今では当たり前のように聞く言葉ですが、単に肌を白くすることが美白なのでしょうか。
実は美白の定義は、「メラニンの生成を抑えることでシミを防ぐこと」。
そして白い肌を目指す美容上の価値観なのです。
元々の肌の色と言うのは決まっていて、その色以上に白くすることはできません。
元の肌の色をいかにして保つのか、いかにして黒くならないように予防するのか。
それが美白と言うものなのです。

一般的に美白というと、美白効果やホワイトニング効果を謳った薬用化粧品を用います。

・メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ
・日やけによるシミ・そばかすを防ぐ

だいたいどちらかの表現にとどまっていると思いますが、厚労省が美白に有効であると認めた成分が配合され、厚労省の承認を受けた商品だけがこれら美白の表現を行うことができるのです。

つまり「美白」と表現されている薬用化粧品は、厚労省の基準をクリアした商品です。
もし承認を受けずに「美白」を謳うと薬事法違反となる、逆に言えば「美白」を謳っていると言うことは、それだけ信頼できる商品なのだと言うことができるのです。


美肌・美白の有効成分


美白と表現ができる薬用化粧品には、厚労省が定めた成分が含まれていないといけません。
その配合量までもが安全性や効果の観点から決められているほどなのです。
以下がその有効成分です。

アルブチン、 アンダーシールダー、安定型ビタミンC誘導体、エナジーシグナルAMP、 エラグ酸、カモミラET、グラブリジン、コウジ酸、 ソフニングリリーサー、ディフェンスバイタライザー、トラネキサム酸、ニコチン酸アミド、ハイドロキノン、 ビタミンC、 ビタミンCエチル、ビタミンC誘導体、白蓮果R HA、 プラセンタエキス、マグノリグナン、4MSK、リノール酸S、ルシノール

一部ですがその効果をご紹介すると
「アルブチン」はメラニンの生成を止めてシミを抑える効果があります。
エラグ酸は抗酸化作用があって肌に若々しさや透明感を与えます。
カモミラETは肌の透明感を引き出すとされ、ニキビのケアにも用いられています。
プラセンタエキスはメラニンの生成を抑え新陳代謝を促進させる。
リノール酸Sはメラニンの生成を抑える働きがあります。


アンチエイジングについて


「アンチエイジング(anti-aging)」も最近よく耳にする言葉ですが、日本語で言うと「抗老化・抗加齢」となります。
老化や加齢を止めようと言った意味にも聞こえますが、それは無理な話ですよね。
実年齢よりも若々しく見せる、実際の時計の針の動きよりも老化や加齢を遅らせよう。
そういった意味でとらえていただければわかりやすいでしょう。

パッと見た感じで、実年齢より若々しく見せられる部分、それはお肌や髪の毛でしょう。
若々しいハリのあるお肌。
そして年齢を感じさせないボリューム感のあるヘアスタイル。
頑張って若々しいファッションで着飾っても、やはりお肌や髪の毛が年齢相応にしか見えなければ若々しさは感じられません。

そこでエイジング化粧品を活用していきましょう。
美白、ハリ、保湿などに有効な化粧品を用いることで、お肌の老化をストップさせるのです。


女性ホルモンについて


美容にも健康にも、女性ホルモンが大きくかかわっています。
女性ホルモンのバランスが崩れると、お肌の不調にとどまらずあらゆる不調を引き起こしてしまいます。

生理不順



無月経や過少月経、過多月経、経血の増加や生理痛など、様々な影響が出てきます。
不正出血もホルモンバランスの乱れからと言われています。
子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんなどが原因となっている場合もありますので、婦人科への受診をお勧めします。
PMS(月経前症候群)
頭痛、腰痛、肩こり、便秘のほか精神的なものでイライラや集中力低下など、排卵後のホルモンバランスの変化によって引き起こされます。

自律神経失調症



ちょっと意外かもしれませんが、女性ホルモンのバランスの崩れから自律神経失調症を起こすことがあるのです。
また逆に自律神経の不調から女性ホルモンのバランスが乱れることも。

肌荒れ



女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増加すると、皮脂の分泌が活発となりニキビや肌荒れの原因となるのです。

その他にも不妊や更年期障害の原因ともなる女性ホルモンのバランスの乱れ。
女性が女性らしく生きる源である女性ホルモンは、様々な部分に影響を与える存在なのです。
※(アクティベール=閉経前後におこる女性ホルモン減少を緩和)

ニキビについて


ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれる炎症性の皮膚疾患です。
ほとんどの人がニキビを経験するのでおなじみの疾患ですし、一昔前はニキビは青春のシンボルといった言われ方もしていました。
若い年代の顔にできるものをニキビ、それ以外の年代の場合は「吹き出物」と呼ばれますが同じものです。

ニキビの初期段階は白ニキビで、毛穴に皮脂が詰まっている状態です。
白ニキビが進行すると黒ニキビとなります。
詰まった皮脂が盛り上がって穴が開き、酸化するために黒くなると言われています。
黒ニキビがさらに進行すると赤ニキビとなります。
毛穴に詰まった皮脂に菌が繁殖し炎症を生じている状態です。
放置しておくと膿がたまる膿疱へと進行してしまいます。

ニキビは潰したりせずに、皮膚科を受診したりニキビの治療薬を用いて、跡が残らないように治療しましょう。


ニキビの原因(メカニズム)について


ニキビの原因、それは毛穴に皮脂が詰まることで起こります。
肌が脂っぽくても毛穴に詰まらなければニキビはなりませんし、乾燥肌でも毛穴から皮脂が出されずに詰まってしまえばニキビになります。
アクネ菌や雑菌が原因でニキビになると勘違いしている人が多いのですが、アクネ菌は誰の肌にも存在している常在菌です。
毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌や雑菌が繁殖することで、白っぽかったり黒っぽかったニキビが悪化して赤くなる、その段階がアクネ菌によるニキビ(進行した赤ニキビ)の原因なのです。

毛穴が詰まる理由としては次のようなことが挙げられます。

皮脂の過剰分泌



思春期に多いニキビは、第2次成長期に男性ホルモンが急に増加することで、皮脂が大量に分泌されることで起こります。

大人になってからの皮脂の過剰分泌としては、ストレスや睡眠不足、動物性脂肪や糖質の過剰摂取、ビタミン類の不足が考えられます。

また生理前にニキビができやすいのは、黄体ホルモンが分泌されるためです。
この黄体ホルモンは構造が男性ホルモンに似ているため、皮脂の分泌が増えるためです。

角化異常



角質が厚くなることで毛穴が詰まります。
お肌の新陳代謝を意味するターンオーバーの乱れだったり、角質のバリア機能が低下することで角質が厚くなり、その原因としては以下のようなものがあります。

紫外線、ストレス、睡眠不足、栄養バランスの悪い食事、そして間違ったスキンケア。
必要な皮脂まで取り去ることでバリア機能が低下したり、保湿が不十分な状態になるなど、間違ったスキンケアが原因のニキビも意外と多くあるのです。

化粧品



化粧品によって毛穴が詰まることでニキビが発生します。
リキッドファンデーションやコンシーラーは毛穴に入り込んで取り除かれず蓄積されることも。
またニキビ予防に良いとされる洗顔料なども、すすぎが不足して成分が残ることで毛穴が詰まる原因となることも。

このように毛穴の詰まりこそがニキビの原因なのです。


更年期障害について


更年期とは閉経を挟んだ前後10年ほどのことを指し、平均的には50歳前後で閉経を迎えますので45~55歳あたりを更年期と呼びます。
更年期あたりの年齢になると様々な症状が現れます。
体に現れる症状としては、だるい、めまい、たちくらみ、疲れやすい、耳鳴り、のぼせ、動悸、火照り、手足のしびれ、多汗、関節の痛み、手足の冷え、からだのかゆみ、腰痛、肌・目・口の乾燥、肩こり、頭、尿トラブルなどがあります。
心の症状としてはイライラや不眠、不安感などを起こします。

女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌量は30代半ばあたりから徐々に下がっていき、40代半ばあたりになると急減します。
この変化に体が上手く対応できずに起こるのが更年期障害なのです。

また男性にいても近年は更年期障害が言われるようになっており、男性ホルモンのテストステロンの分泌減少によって起こります。
集中力の低下やイライラ、性力低下などが現れます。
男性の更年期障害を「LOH症候群」と呼んだりしています。


更年期障害の原因(メカニズム)について


女性ホルモンの一つエストロゲンの分泌は、8~9歳ごろから卵巣で行われるようになります。
そしてこの分泌量のピークは30代半ばです。
卵巣の機能が徐々に低下していく30代半ば以降はこの分泌量が徐々に減っていくのですが、更年期の入り口の年齢となる40代半ばあたりに急減します。
このエストロゲンの分泌を司っているのは脳下垂体です。
脳下垂体からの指示は更年期に差し掛かっても変わらず、エストロゲンの分泌を指示し続けます。
卵巣機能が低下しエストロゲンの分泌が減少する中、脳下垂体からの指示は同じ量を分泌せよと続けられるわけです。

脳下垂体は視床下部と呼ばれる部分にあるのですが、この視床下部は自律神経のコントロールも行っている重要な場所。
脳下垂体からの指示は出すもののエストロゲンが分泌されないために脳が混乱します。
同じ部位にある自律神経をコントロールする部分にも混乱が伝わることで、自律神経にも混乱が伝わってしまいます。
これによって更年期障害の様々な症状が出てしまうのです。※(プレマリン=更年期障害の症状を緩和)


ニキビ治療薬について


ニキビ治療薬は市販されているものだけでも相当な数があり、どれを選べばよいのか分からなかったり、実際に使ってもあまり効果を実感できない場合もありますよね。

多くのニキビ治療薬に含まれているものとしては「イオウ(硫黄)」があります。
有名なニキビ治療薬にも製品100gあたり3gの硫黄成分が含まれているほどです。
殺菌作用、角質を柔らかくして毛穴が詰まりにくくなる作用、皮脂の分泌を抑える乾燥作用があります。
但し大人ニキビには乾燥作用が逆効果になることも。

イオウと同じくよく使われているのが「サリチル酸ワセリン」です。
作用もイオウとよく似ており、大人ニキビには向きません。
また赤くなるなど、皮膚が弱い人が使用する場合は注意が必要です。

殺菌作用が強い成分に「レゾルシン (resorcin) 」があります。
効果が高い分刺激も強く、敏感肌の人は使用する際注意してください。
「グリチルリチン酸(glycyrrhizin) 」と言って天然成分でできている成分もあります。
抗炎症作用があって赤ニキビにも効果があり、肌にも大変優しい成分です。
但し即効性はありません。

敏感肌の人にも安心して使えて、抗炎症作用や皮膚細胞の再生といった作用を持つのが「アラントイン(Allantoin)」です。
火傷や湿疹の抗炎症治療薬(プラセントレックスジェルなど)などにも含まれています。

炎症を抑えるとともにニキビの予防効果もあるのが「イブプロフェンピコノール(Ibuprofen Piconol)」です。
それほど強い成分ではなく、副作用の心配もほとんどありません。

市販されているニキビ治療薬によく含まれている成分を、一部ではありますが紹介しました。
作用の強弱など、自分の肌に合った成分が含まれたニキビ治療薬を選ぶようにしましょう。

またアクネ菌に対して殺菌効果がある内服薬もあります。
一般的に市販されている塗り薬に比べて効果は高いのですが、副作用なども考慮する必要があります。


美白クリームについて


メラニンの生成によってできたシミを元の状態に戻すことを美白といいます。
その人の元の肌の色以上に白くはできませんが、シミのない綺麗な元の肌に戻すために美白クリーム(メラライトフォートクリームなど)は使われます。

また美白に関する商品は、厚労省で認可された美白成分を用いることが条件であり、厚労省に認められたものだけが美白を名乗ることができます。
その成分も目的によって使い分けられています。

今後シミを作りたくない、と言った予防目的では「アルブチン」や「トラネキサム酸」が使われています。
今肌にあるシミを薄くして元の状態に戻したい場合には「プラセンタエキス」が効果的です。
両方を兼ね備えた成分としてはビタミンC誘導体や4MSKなどが配合されています。


美白クリーム・ニキビ治療薬の使い方・使用方法について


まず美白クリームから。
顔の場合ですが、基本は洗顔後に薄く伸ばすように使用してください。
また夜は(22時ごろから2時にかけて)お肌の新陳代謝にとって大事な時間です。
ですので夜寝る前に使用するのも効果があります。
ボディ用の美白クリームはお風呂上がりの、お肌が乾燥している時に塗ってください。

ニキビ治療薬も基本は同じです。
洗顔後にニキビができている部分に塗ってください。
当然ですが、たくさん塗っても効果は上がりません。
それどころか肌に負担が掛かり、逆に荒れてしまうこともあります。
基本は薄く伸ばすこと、そしてニキビの部分にだけピンポイントで塗ってください。
ニキビのない部分に塗ってしまうと、お肌に負担をかけることになりますのでご注意を。

もちろん化粧水も使用すると思いますが、美白クリームは化粧水の後にしましょう。
そしてニキビ治療薬(ディフェリンジェネリックなど)は化粧水の前が基本です。
化粧水を先に使ってからニキビ治療薬を使うことも問題はありません。
但し、その化粧水がこってりとした感じのものやトロッとした感じの場合には、ニキビ治療薬を先に使用してください。
ニキビ治療薬の効果が落ちる場合があるので、その点は注意してください。


美白クリーム・ニキビ治療薬の副作用


一般的に市販されている美白クリームやニキビ治療薬を使用しても、副作用が起こることはまずありません。
美白クリームに関しては厚労省の承認が必要な化粧品となりますので、副作用などの出現はまず起こらない安全なものです。

個人輸入代行業者を介して入手する場合ですが、日本の基準とは違う成分や量が含まれていることがあります。
この場合に火照りや赤くなるなどの副作用が出現する場合があります。

ニキビ治療薬に関しても副作用の心配はまずありません。
但しお肌に合わない場合などには、湿疹や赤みなどが発生する場合があります。
このような場合には直ちに使用を中止して、医師や薬剤師に相談されることをおすすめします。

ミノマイシンクラビットなどの内服薬をアクネ菌を殺菌する目的で服用する場合ですが、めまいなどの副作用に注意する必要があります。


美白クリーム・ニキビ治療薬の併用禁忌薬


美白クリームやニキビ治療薬に関しては、併用禁忌薬の指定はありません。


美白クリーム・ニキビ治療薬の保管方法


高温多湿な場所や直射日光が当たる場所は避けて、涼しい場所で保管してください。


美白クリーム・ニキビ治療薬の注意点について


美白クリーム、ニキビ治療薬ともに、使用上の注意をまずよく読んでください。
間違った使い方をした場合には、肌荒れなどを起こす可能性があります。

肌に合わなかったり、赤みや火照りなど違和感を感じた場合には直ちに使用を中止して、医師や薬剤師にご相談ください。

クラビットやミノマイシンなどの内服薬を用いて、ニキビの原因とされるアクネ菌などを殺菌してニキビ治療する場合、その海外薬に対してのアレルギー症状を過去に起こしたことがあれば、使用しないでください。


美白クリーム・ニキビ治療薬の安全性について


使用上の注意を守って使用すれば安全に使用できます。
但し人によっては、使用する美白クリームやニキビ治療薬がお肌に合わないこともあります。
違和感を感じた場合には直ちに使用を中止して、医師や薬剤師にご相談ください。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。

※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

  • 会員登録はこちらから
  • ご利用ガイドはこちら
  • ポイントについて
  • ご注文の流れ
品質・配送100%保証
模倣サイトに注意!

お知らせ

  • 2017年10月06日
    【売上ランキング 2017年9月】

    当サイトくすりの宅配便で、2017年9月 売上ランキングを、トップページにてお知らせいたします。

    人気商品を参考にして頂き、ご検討の程、宜しくお願いいたします。
  • 2017年09月26日
    【お知らせ】
    (SSL)通信データの暗号化にともない、(http://~)から(https://~)に変更になりました。

    お客様には、大変お手数をお掛けしますが、当サイトをブックマーク設定している方は、URLの再設定を宜しくお願いいたします。

    今後ともくすりの宅配便を宜しくお願いいたします。
  • 2017年09月20日
    【売上ランキング 2017年8月】

    当サイトくすりの宅配便で、2017年8月 売上ランキングを、トップページにてお知らせいたします。

    人気商品を参考にして頂き、ご検討の程、宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月21日
    【イベント情報】
    ED・早漏防止系のジェネリック医薬品お徳用セット、輸入代行注文を開始開始いたしました。

    期間限定注文受付になりますが、一度ご確認してみてはいかがでしょうか?
  • 2017年07月19日
    【ログインパスワードをお忘れの方へ】
    以前は、メールアドレスとパスワードのみのログインでございましたが、
    ご登録された電話番号と、パスワードでもログインができるようになりました。

    ※メールアドレスを複数ご登録されている方は、登録電話番号でログインした場合、最後に登録された会員ID(登録アドレス)が選択されます。
  • 2017年04月29日
    【GW】ゴールデンウィーク中も通常受付可能です。
    銀行振込、カード決済は各銀行並びに代行会社の営業日時に準じて確認後に反映となります。
    インフォメーションの対応や配送は、混雑による遅延も考えられますので、予めご了承くださいませ。
  • 2017年02月04日
    VISAクレジットカード休止に伴いご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
    当サイトでは銀行振込の他、各種コンビニでご購入いただけるBitCash(ビットキャッシュ) でのご購入が可能となっております。
    また、クレジットカードでは引き続きAMEX、JCBカードでのご決済は行えます。
    復旧次第お知らせ致しますので、今しばらくご不便をお掛けしますが、宜しくお願い申し上げますm(__)m